二日酔いによくある頭痛の症状

二日酔いによくある頭痛の症状

二日酔い時に起こる頭痛は二日酔いの症状の中でももっともしんどい症状です。普通の頭痛よりも酷い場合が多く、頭が割れるような痛みだと言われます。

 

同じような頭痛でも何パターンかあるため、このパターンに沿った対策をすると頭痛から解放されやすくなります。

 

二日酔いと頭痛@脱水原因の頭痛

 

脳は水分が不足すると縮んでしまいます。そして縮むことで痛みが発生します。水分が不足する熱中症や日射病でも頭痛を感じますよね?アルコールの利尿作用のせいで体内の水分量が減ってしまうと頭痛が引き起こされます。

 

対策としては、水分が吸収されやすい経口補水液やスポーツドリンクで水分摂取を行ってください。

 

 

二日酔いと頭痛A血管拡張が原因の頭痛

 

アルコールは体内に入ると分解されます。いえ、されるはずなのですが、肝臓のアルコール分解処理が追いつかないと手つかずの分解されないままの状態で残ります。

 

残ったアルコールは血管を拡張させます。酔うと顔が赤くなるのは血管が広がるせいです。血管の広がりがずっと続いているせいで頭痛になっているわけです。対策としては、拡張した血管を収縮させる働きのあるカフェインを含む飲み物を飲むのが有効です。

 

二日酔いと頭痛Bアセトアルデヒドが原因の頭痛

 

アルコールはまずアセトアルデヒドという成分とその他の成分とに分解され、アセトアルデヒドのままでは体に有害なことに変わりはないため、そこからさらに無害な成分になるように分解されます。

 

ところが、アセトアルデヒドを分解する酵素には個人差があり、少ないもしくはまったくないとアセトアルデヒドをなかなか分解できず、それで二日酔いと呼ばれる症状に見舞われます。

 

もし、食欲が無い食欲不振の場合には無理をせず対策していきましょう。食べることが難しければ、食欲不振改善に役立つサプリもありますので、参考にしてみてください。

 

脱水原因でも血管拡張でも結局アセトアルデヒドが原因と言っても過言ではないかもしれません。対策としては、肝臓の分解を助ける作用を持つ食べ物(例:しじみ)やサプリメントを摂取してアセトアルデヒドをとにかく分解します。

 

毎日は飲まない。
飲むとしても飲み過ぎない。
飲んだあとに後悔するのではなく飲む前に意識する。
これが何よりの対策ですね。