二日酔いの症状

二日酔いの症状

二日酔いの何がつらいのかと言うと酔っている状態なのではなく、

 

・吐き気
・のどの乾き
・胃の痛みやむかつき
・頭痛

 

などひとつでもしんどい症状に複数見舞われるからですよね。

 

のどの乾きはアルコールの利尿作用が原因です。トイレに行く回数が増えると排尿時に水分を体外へ出すこととなり、体内の水分量は減ります。

 

お酒を飲みながら同時進行で水分摂取できればいいのですが利尿作用が続いているうちはやはり排出してしまいますから、お酒を飲み終えて利尿作用が落ち着いたあとに水分摂取するのが望ましいでしょう。

 

頭痛も水分不足が原因なので、水分摂取さえできていれば頭痛が起きる確率を下げられます。

 

一番良いのは飲み過ぎないことです。が、飲み過ぎてしまったあとに後悔しても後の祭り。飲み過ぎた上に二日酔いになってしまったなら、そこからの回復をはかるのが最善です。

 

二日酔いという症状は、体内にアセトアルデヒドが残っていることが原因です。

 

アセトアルデヒドとはアルコールの分解途中に発生する有害物質で、肝臓は一度にアルコールを分解し終えることができないためにどうしてもいったんアセトアルデヒドが作られることになります。

 

作られてもそこからさらに分解すれば無害になるのですが……日本人はこの分解に必要な酵素が欧米人よりも少ない人種です。仮に欧米人並にあったとしても肝臓がオーバーワーク状態だと結局分解が追いつかずにアセトアルデヒドが体内に残ります。

 

二日酔いになったら、まず水分を摂取しましょう。そして、肝臓の働きを助けるしじみなどの食品を摂取してアセトアルデヒドの分解を促進させましょう。