二日酔いはどうしてなるの?

二日酔いはどうしてなるの?

二日酔いに苦しんだことのある人は多いことと思います。
毎回二日酔いになる人もいれば、ならない人もいますね。

 

二日酔いは何が原因なのでしょうか?

 

そもそも、お酒の中のアルコールは体内に入ってくると肝臓で分解されます。アルコールは体にとっては有害であるため、無害な状態になるように分解されるのです。

 

ただ、1度の分解でスッキリと無害にできないのがアルコールの厄介なところで、まず、アセトアルデヒドとその他とに分解されます。

 

このアセトアルデヒドをさらに分解して排出できれば二日酔いにはなりません。逆に言うと、アセトアルデヒドを分解できないとまず間違いなく二日酔いになります。

 

アセトアルデヒドを分解する酵素の量には個人差があります。ゆえに、二日酔いになりやすい人とそうでない人とがいるわけです。日本人はもともとこのアセトアルデヒド分解酵素の量が少なく、中にはまったくない人もいます。

 

生まれつき二日酔いになりやすい場合もあるわけで、無理な飲酒は控えましょう。

 

また、肝臓がオーバーワーク状態に陥ると分解処理能力が落ちて二日酔いになりやすくなります。先天的に二日酔いになりにくいとしても後天的に二日酔いになりやすくなる可能性はあるということです。やはりお酒の飲み過ぎは良くないと、そういうことですね。

 

ちなみに、二日酔いにつきものの頭痛は、アルコールの利尿作用が原因です。お酒を飲んでトイレに行く回数が増えると体内の水分が不足します。

 

ビールや日本酒は液体ですが水分ではありません。水分が不足すると脳が萎縮し、この萎縮が二日酔いにありがちな頭痛の原因となります。