二日酔いによるむくみ

二日酔いによるむくみ

二日酔いの症状のひとつであるむくみには頭痛のような痛みや吐き気のようなしんどさはありません。とはいえ、顔のむくみは即座に二日酔いであることを知らしめてしまい、仕事など生活に支障をきたす可能性があります。

 

では、二日酔いによるむくみを予防改善するためにはどうしたらいいのでしょうか。そもそも、二日酔い時にむくむのはどうしてなのでしょうか。

 

“むくむ”というのは皮膚の下に余分な水分が溜まってしまっている状態です。アルコールには利尿作用がありますから水分が排出されて溜まるどころか足りなくなりがちなのですが、お酒を飲んだあとにのどの乾きを感じて水などをがぶ飲みするとむくみやすくなります。

 

足りないから補充するわけで、本来ならプラマイゼロです。しかしながら、体内のアルコールも、アルコールの分解途中で発生するアセトアルデヒドも代謝を阻害します。

 

代謝さえ正常ならプラマイゼロになるものの、プラスのほうへと悪い意味で偏り、それで水分が溜まり、むくみになってしまうのです。

 

ここでのどの乾きを我慢するとむくまずに済むのかというと、確かにむくむ可能性は減るのですが今度は水分不足が原因の頭痛が引き起こされる可能性が高まりますから、我慢すべきではありません。

 

そこで、アルコールやアセトアルデヒドの分解を手助けする食品なりサプリメントなりを摂取するようにします。日本で古来から二日酔いに効くと言われているのはしじみのお味噌汁ですね。最近ではしじみのサプリメントもあります。

 

あとは、顔のマッサージを行えば少なくとも顔のむくみはほぐれて二日酔いだと周囲にはわかりづらくなります。顔を洗うことさえしんどい朝でも洗顔時にマッサージを行ってください。

 

女性の場合は酔って帰ってきても今すぐ寝たくてもメイクを落とすこともむくみ予防になる重要なポイントです。