二日酔いによる吐き気の症状

二日酔いによる吐き気の症状

二日酔い時にありがちな症状と言えば吐き気や胃のむかつきです。しかし、胃腸薬を飲んでも回復しないこともままあります。

 

これは胃の消化能力よりも肝臓の分解処理能力のほうが問題となっているからです。

 

分解を担う臓器、肝臓。人間にとって有害な物を無害になるまで分解してくれる働き者です。お酒の中のアルコールは有害なので当然無害になるまで分解します。ところが、アルコールの分解は厄介で、2段階に分けて分解しなければなりません。というか、どうしても2段階に分けないと分解できないのです。アルコールの分解はそれくらい大変な作業なんですね。

 

大変と言っても肝臓は頑張って作業に取り組むため、基本的にはアセトアルデヒドの分解までやり遂げます。

 

しかし、アセトアルデヒド分解に必要な酵素が生まれつき少ない人やまったくない人もいますし、酵素があっても肝臓が働き詰めで分解処理能力が落ちていると分解が追いつかず、そうして、二日酔いになります。

 

肝臓の分解処理が間に合っていないことが原因で吐き気やむかつきになっている場合、胃薬は効きません。肝臓の分解を手助けしてくれる食べ物やサプリメントが打開策となります。

 

参考:オルニチンは二日酔い予防に効く

 

ただ、胃の消化が追いついていないケースもあります。

 

飲みの〆にラーメンやスイーツを食べたりしていませんか?お酒を飲むとアルコールの分解が最優先事項となって胃の消化活動等は二の次となります。また、眠気に負けて消化する前に寝てしまうことも高確率でありますよね。それで消化し切れずに吐き気ないし胃のむかつきになるのです。

 

この場合は胃腸薬で回復できるはずですが……飲みの〆という習慣は自分を苦しめかねないと知っておくべきですね。